トップページ ご購入方法・送料 エクリュについて アクセサリーのお手入れ サイズの目安 お問い合せ

ビーズの種類について  

世界中のきらめきを集めました…

ビーズは時代でアンティーク(100年以上前)ビンテージ(30〜99年前)コンテンポラリー(現代物)の3分割されます。
ここで記述するスワロフスキーやチェコは現代物の括りになっていますが、ビンテージビーズとは各種類の年代物を総称で
スワロのビンテージ、チェコビンテージ、ジャパニーズビンテージなどの様に全てを包括します。
また非常に細分化されており全てはとてもご紹介できないので、一般的な物の中から
エクリュが主に使用しているものを、 私なりにまとめてみました。


 

天然石ビーズ


スワロフスキービーズ


チェコビーズ

 
スワロと人気を二分するビーズでしょう。
スワロ派vs天然石派ならエクリュは後者。
天然石をランク分けすると、
上から宝石、貴石、半貴石となり、
ビーズに使われるのは主に半貴石です。
天然物ゆえ色・形・大きさに個体差が
あり
高級感あるアクセサリーができます。
また天然石にはそれぞれ意味や効能も
あると言われているので、お守りとして
自分にあった石を見つけるのも
楽しみのひとつです。
石の意味誕生石のページ

ビーズの最高峰といえばスワロフスキー。
実は企業の名前なんです。
オーストリアのチロルに本社を構える
スワロフスキー社で製造されています。
透明度や輝きがすばらしいのは
酸化鉛含有率が30%以上のクリスタルで
製造されているから。
色や形共に豊富な種類がありますが、
一番有名な形はそろばん型と称される
5301。宝石のように美しいですが
作品にするとキラキラし過ぎるのが
苦手でエクリュ作品は出番少なめ。

チェコで製造されているビーズの総称。
その歴史は古く、ボヘミアンガラス
ビーズが元祖。ファイヤーポリッシュが
代表格で【火で磨く】の名の由来は
機械でカットしたビーズを高熱で溶かし
表面にツヤ出す事から来ています。
スワロに比べ優しい風合いをもつのは
熱加工で角が丸みを帯びているからです。
多くの会社で作られている為、色・形は
無数に存在します。工程により価格も
違い、
やはり手をかけた物は深みあり。
私はチェコの丸みと優しい輝きが好きで
よく使います。

 
       
   

ビンテージビーズ&ボタン


ベネチアンビーズ  


パールビーズ 

 

ビンテージビーズとは30〜99年前に
作られたビーズの総称です。
またアンティークビーズとは100年以上
前のビーズです。当然ビンテージの方が
種類も多く状態の良い物も多いです。
どちらも 経年によるキズ・ヨゴレなどが
ありますが、古い時代の魅力の一つと
お考えください。素材も多岐にわたり
ガラス・プラスティック・アクリルの
ものがあります。
中でも日本、ドイツのヴィンテージは、
味わい深い美しいものが沢山あります。
詳しくはビーズの歴史のページを!

イタリアの都市ヴェネツィア(ヴェニス)
のムラノ島で作られているビーズ。
ガラス製で職人により1つ1つ手作り
されているので色や形が微妙に違う。
大きさはおおぶりで、金箔、銀箔が
入った物や色彩豊かな物が多い。
派手な物が多いのでエクリュでは
ほとんど使用しませんが、時々小振りの
ラウンドで素敵なものを買ったりします。
天然の淡水パールビーズと、
ガラスやアクリルに加工をした
人工パールビーズがあります。
淡水パールは形状で呼び名が細分化されます。
ポテト・ライス・クレオパトラ(ライスの穴
が端っこに空いてる物)バロック(いびつ)
ケシ(無格)は木の葉の様な形。
天然色と染色があります。
パールビーズでもスワロフスキー社の
パールは本真珠のような輝きがあります。
シェルパールは本物の貝に幾重にも
パール加工した半天然みたいなものも
ありますが、ずっしりと重みがあり
光沢もとても美しい物です。
 
       
 

グラスシードビーズ  


まが玉ビーズ


インドビーズ

  

ガラスで出来た小さいビーズ。
シード(種子)ビーズとも呼ばれます。
日本で昔から親しまれてきたビーズです。
最近は主役ビーズを引き立てたり、
隙間を埋める為に使われる事が多い。
大きさや形によって極小、特小、丸小、
丸大、竹ビーズなどに分かれ種類も
豊富です。日本製ではMIYUKI、TOHO
ビーズが有名。エクリュで使用するのは
日本製のスリーカットビーズがメイン。
高価ですが高級感があります。

シードビーズに分類されるのでしょうか?
3〜4mm程度のドロップ型で先端の
細い部分に穴があります。
使い方によっては面白い表情を
かもしだします。

形が不揃いで色バリエもスワロやチェコ程
揃っていません。素朴な味わいがあります。
商品には使いませんが、ラッピングなどの
飾りにしても可愛いですし、比較的安価な
ガラスビーズなのでビーズボールにして
お子様のヘアゴムなどのプレゼントに
しています。
 
       
 

トンボ玉


ルーサイト・プラスティック


シェルビーズ・パーツ

  

とんぼ玉とは表面に2色以上の色文様の
ついたガラス玉で、紐を通す孔のあいた
ガラス製の丸型装飾玉の総称です。
「トンボ玉」という呼び方は日本だけの
もので、トンボの複眼に似ていることから
この名が付いたようです。
英語ではビーズかグラスビーズと一般に
呼ばれています。
今では、2色以上のガラスの丸玉だけ
でなく、小穴のあい ている単色の玉も
含めて「トンボ玉」と呼ぶようです。
とんぼ玉の歴史は古く約3500年にわたり、
世界各地で多種多様なとんぼ玉が作られ、
今も 多くの人々を魅了し続けています。

ルーサイトとは1950〜70頃に
よく使われた
Dupon社のアクリル系樹脂。
強度があり透明感が高く、デザイン性も
優れているので人気があります。
ガラスとはまた違った美しさがあります。
プラスティック製は強度があり軽いのが
魅力です。フランス製ヴィンテージには
プラスチック製が多く見られます。
19世紀に南仏オヨナーでプラスティック
ビーズ貿易が盛んだった為でしょう。

シェルビーズやパーツも豊富です。
リング状のものや、ディスク型
ラウンドビーズ・多面カット
アラベスク模様の透かし彫りや
リーフ・コイン・オーバル。
カラーも天然から染めまで。
ホワイト・ブラウン・ブラックの3色が
天然の色でよく見かける色ですが
どれ一つ同じ色はありません。
 
 
 

メタルビーズパーツ  


キュービックジルコニア 


ウッドビーズ

  

メタルビーズはシルバー製・ピューター
(スズ・アンチモンなどの合金)
真鍮など様々ですが、最近はスペーサー
としてビーズジュエリーのアクセントに
使うのが主流になって人気が高いです。
ビーズの他に動物やいろんな物を象った
チャームなども沢山あります。
七宝焼やラインストーンをあしらった
ゴージャスな物もあります。

人工ダイヤの名にふさわしい輝きです。
硬度は天然のダイヤモンドのようには
いきませんし、永遠の輝きを補償する
ものではないですが、 小粒なものを
一粒使いにすると、一見ジュエリーの
ような高級感がありますし、デザインも
お好きにアレンジできる価格ですから
最近はビーズとのコラボやジルコニア
特集を掲げるビーズ雑誌や書籍も
見られます。 著名作家の先生方が数名で
ジルコニアを使ったビーズジュエリーの
本を出版されています。

木製ビーズで色も形も豊富です。
カジュアルな感じの作品やエスニックな
テイストに合うビーズです。

 
 

カット・加工の種類

 

ラウンド 


カボション


オーバル

 
名の通り球状のビーズです。
この他、多面カットされた球体は
表面の表情があって高級感があります。

通し穴のないビーズです。
表面がつるんとしたものがほとんどで
裏面はフラットなものが多いです。
爪で留めたり、台座に貼り付けたり
シードビーズで網くるんで使います。
個人的に大好きなカットです。

楕円形のもので、巾・長さ・大きさで
同じ色合いでも雰囲気が違います。
 
       
 

ドロップカット


ナゲット・タンブル


スクエア・レクタングル

 
しずく型のビーズ。主にピアスの先や
ペンダントトップに使われます。
縦に穴が通っているものをティアドロップ
上部に穴のあるものをブリオレット。
栗の形みたいにコロンとしたのを
マロンカットと呼ばれています。
 
天然石の場合、原石の形をなるべく
生かすようにカットし、磨いたもの。
タンブルとも呼ばれているようで
両者ともはっきり定義されてはいない
ようです。ビーズの場合もこんな形を
ナゲットと呼んでいます。

正方形をスクエア。長方形をレクタングル
サイコロ状をキューブ・中央がふくらんだ
物をクッションと呼びます。
 
       
 

ボタンカット


コイン


 フォイルバック

 
上下に押されたようなへしゃげた形。
ロンデル替わりにも使えます。
個人的にとても好きなカットです。
 
コイン型のカット。ピアスにしても
とてもキュートでボタンカットと共に
私の好きな形です。

ビーズの後ろにゴールドやシルバーの
箔が施してあるものをいいます。
年代物だと剥がれのあるものがあります。
裏面がフラットなものと尖ったものが
あります。尖った物はポインテッド
フォイルバッグと呼ばれます。
 
       
   

スワイアル・シーボア


ツーホール 


 

 
ビーズの中にコイル状に色を入れたものが
スワイアル、2色以上がぼかした状態で
入ったものをシーボアといいます。
ビーズのサイドからサイドに平行に
2 穴が通っているもの。
   
   

NECK E&P BRACE RING NEW OTHER MPICOT TOP 

デザイナープロフィール コラムあれこれ スイーツレシピ エクリュな昼下がり おすすめリンク集  

ご購入前に発送方法・送料お支払い方法作成期間返品交換著作権お問い合せ特定商取引法に基づく表記個人情報