トップページ ご購入方法・送料 エクリュについて アクセサリーのお手入れ サイズの目安 お問い合せ

ビーズの工具について 使用感とおすすめポイント

いい仕事はいい道具から…

弘法筆を選ばず…といいますが、やはりいい道具は仕上がりの美しさが違います。
平ペンチ・丸ペンチ・ニッパーはビーズ三種の神器です。
安い物と格段に違うのは先端の精度と切れ味、そして無駄な力が要らず手の疲れも違います。
長く使う物なので、せめて平ペンチ・丸ペンチ・ニッパーの3つは良い物をお使いになる事をおすすめします。
1本2.000円〜2500円しますが、それだけの価値はあると思います。
ご参考までに、私の使っているツールをご紹介いたします。

左の画像はエクリュ愛用のニードルペンチ (先端がピンセットの用に細い平ペンチで
これがあればピンセット要らず。
取っ手は本革製でお洒落!作るときのモチベーションアップになります。

 

平ペンチ KEIBA


丸ペンチ先細タイプ KEIBA


ミニニッパー KEIBA

 
先にギザギザがないので
金具を傷つけません。
このタイプの取っ手はすこし細いので
グリップは下のループプライヤーの
タイプをお薦めします。
手が華奢で小さめの人は上の
グリップがいいかもしれません。
とにかくきっちりと細いテグスを
はさんでくれるからお気に入り。

標準タイプと先細タイプの2種類あります。
ピンを丸める・メガネ留めをするときに
必要です。作品を繊細に仕上げるなら
先細タイプがお勧めです。
マルト長谷川工業の KEIBAは多くの
プロビーダーさん達から指示され
ご愛用されるだけあって精度が高く
先端の経と重なりがびしっと合います。
ピンセット代わりに細かいパーツを
掴めますから便利。

0.18〜1.2mmφの線材に対応。
先端が細く小さいので糸始末の時
ビーズの際で切りやすいです。
切断破片が飛び散らないキャッチャー付
なので小さいお子様がいらっしゃる方に
お勧めですが、先端が入らなくなるので
私は外して締まってます(笑)
キャッチャーなしのタイプもあります。
ニッパーは線材の太さで使い分けます。
 
       
 

ワイヤーループプライヤーKEIBA


ミニはさみ


ピンセット

 
ピンワークが多い方にはお勧めです。
先端は3段階 反対側はくぼんでいて
とても輪が作りやすくなっています。
売物の9ピンのように綺麗に丸められ
コイルも作れます。
丸みに沿わせて少しずつ回転します。
私は正直、ほとんど使いません(笑)
でもグリップはこちらの種類がいい!
しっとり手に吸い付く様な触感で
すごく持ちやすいです。
平・丸・標準ニッパーも揃ってます
ミニニッパーよりも細かい所まで
先端が入るので使い分けています。
実はこれ資生堂の眉ハサミ。
なかなか精度がいいです。
1000円もしなかったと思います。
先の丸い赤ちゃん爪切りを
使ってる人もいました(笑)
いい具合に先が曲がってていいそう。
ANEXミニ挟みもおすすめ。
糸始末の時の空通し。
作品の強度と安定した形の為にも
可能な限り通したいですよね。
ビーズの横にやっと出てきた糸が
また引っ張りにくい。
そんな時にはピンセットの出番。
これは私物ではありませんが
偶然見つけたキュートなピンセット。
先が曲がったものと真っすくの
タイプがありました。
精度もよさそうでしたよ。

 
       
 

フックニードル?・目打ち 


リングゲージ棒  


接着剤

  

手前のフック型ニードルは私には
なくてはならないツールの一つ。
グリフィン糸の結び目をほどいたり
キワまで移動させたり、商品の
ピアス台紙に穴を開けたり…
本来何をするものなのか不明ですが
東急ハンズのエッチングのコーナーに
ありました。700円位だったと
思います。もと歯科衛生士の友達に
歯石とる道具(スケーラー・キュレット)

のようだと言われました。
目打ちは、まるかんが通らないほど
細いチェーンの目を広げる時に
使います。

ビーズリングを作る際、仕上がりの
サイズを確認するのに必要です。
ご自分のもの以外でお作りになるなら
ひとつお持ちになってると便利です。
ワイヤーワークのリングなどの成形にも
役に立つと思います。
男性用のリングサイズまで測れる
長いタイプのものもあります。
大きなビーズショップは大抵
取り扱っているものです。
それからメジャーは作品の長さを
計るのでマストアイテム!
先端が針状なので細かい作業には
手放せません。ピンポイント接着剤。
絶対に手放せません。
使用後はふたの針を差し込みます。
手も汚れないので重宝します。
 
       
 

ビーズトレー


うめ皿・ひし形小皿


指かん

 
ビーズ作業をするものですが
私のトレーは今デザイン途中の
ビーズモチーフの残骸で埋もれてます。
この他にデザインボードという
目盛り付の溝があるものがあります。
ビーズや糸の間隔をみるのにいいの
ですが、グレー地の物しか見たこと
ありません。個人的意見ですが
上の物のようにお肌に近い色目の方が、
実際身に付けた時のギャップが少なく
配色選びに適していると思います。
外出先での作業用に布製のビーズ
マットもあります。
複数の石を使うときに便利なうめ皿。
母が絵画を習っていたときのもの。
顔彩(がんさい)という固形絵の具の
パレットみたいなもので画材屋さんで
手に入ります。陶器なので適度な
重みがあって使いやすいです。
後ろのひし形小皿は端が鋭角なので
ビーズを戻すときに威力を発揮。
これはワインのノベルティで
付いてました。

作業の途中で何度もペンチ2本で
まるかん開くのは面倒ですよね。
これがあると左手人差し指にはめて
楽々作業できます。
 

NECK E&P BRACE RING NEW OTHER MPICOT TOP 

デザイナープロフィール コラムあれこれ スイーツレシピ エクリュな昼下がり おすすめリンク集  

ご購入前に発送方法・送料お支払い方法作成期間返品交換著作権お問い合せ特定商取引法に基づく表記個人情報