トップページ ご購入方法・送料 エクリュについて アクセサリーのお手入れ サイズの目安 お問い合せ

ビーズの副資材について テグス・シルク糸・ワイヤー・レザーコードetc

ここにご紹介するのはエクリュで主に使っている材料です。
他にも色々ありますが、また順次ご紹介いたします。


 

グリフィン糸(シルク) 


テグス 


ワイヤー  

 
天然素材のシルク糸は、ドイツのSCHINLE社
のグリフィンナチュラルシルクコード。
中国産シルクまゆ約4000mの中心の
1000mだけを用いて作られた最高級糸で、
色艶が美しく丈夫でしなやかなのが特徴です。
針と糸が一体化しているので便利。
一巻2mで4号と3号があります。
プリンセスラインのネックレスなら
2本くらい、ロングで1本ですが
1mを超すロングだと繋ぎます。
3号の方が細い。色も多数展開。
テグスやワイヤーに比べてしなやかで
身に沿うので着け心地がとても良い。
この糸を使うと質感のグレードが上がります。
クリアの他にカラーもあります。
GRIなどのテグスの編み目が
デザインの作品などはビーズに
あったカラーを選ぶ野も良いでしょう。
黒いビーズは黒のテグスを使っています。
太さは様々で2号〜4号くらいまでが
主でしょう。番手が大きいほど
太くなります。
台座にビーズを取り付けたり
チェーンとビーズのジョイントに使ったり
用途は様々です。
太さも何種類もあります。
番手が小さい方が太くなります。
 
       

 

レザーコード


本革紐(ストラップ用) 


リボン

 
太さもカラーも形状も様々です。
カジュアルなイメージなります。
ネックチェーンの代わりにお使いに
なっても素敵ですよ。

国内産和牛皮使用のストラップ用革紐。
ステッチが本体と同じ色目はより高価。

チェーン代わりに使用すると
エレガントな商品やパーティーライクな
雰囲気になります。
サテン・ベルベット・レースなど
作品に合わせてもバリエーションが
拡がるでしょう。
 
 

ピアス・イヤリング金具


マンテル金具 


チェーン 

 
ここにご紹介できないほどいろんな
デザインの物があります。
ラインストーン付やフープ型のもの。
カラーも5色展開くらいで揃っています。
キャッチ&ポストともチタンのものも
ございます。高価ですが18Kより
アレルギー反応が少ないので
金属アレルギーの型にはおすすめですが
デザインや色目に限りがあります 。
エクリュは画像右側のフレンチフック
(レバーバック式)以外は出来る限り
チタンフックで対応しております。
ここ最近の人気でデザインも豊富に
揃っています。デザイン性が高いので
見せる金具としてネックレスの
フロント部にトップのように使用したり
ブレスレットの金具にしたり用途は様々
ロブスタークラスプなどより
脱着しやすいのでブレスも片手で
簡単に装着できます。
デザイン性と機能性を併せ持つパーツです
シンプルなものからデコラティブな
ものまで豊富に揃っています。
チェーンとしてでなく分解して
デザインパーツに出来る物もあります。
シルバー925や14kgfなどは
高価ですがやはり色合いに高級感が
あるので商品のグレードが上がります。
古美色などは普通の金属になります。
 
 

飾りピン 


ゴールドフィルド


ヴェルメイユ

 
ここまでデザインがあるのは
シルバー性のものが主流です。
1本の単価は通常のピンの何十倍もします。
それだけに作品に高級感やデザイン性が
でてグレード感が違ってきます。
シルバー製でないものもあります。
先にラインストーンやモチーフの
付いた物もあります。

金メッキに比べて金の厚みは数百倍。
耐久性があるので、長期間使用可能。
芯に真鍮を使用し、その上に金を高熱、
高圧で圧着したもので、その金の層の
重量が、総重量の1/20以上の場合
ゴールドフィルド(=金張り)とよびます。
金メッキよりも層が厚いため、剥げて
くることはありません。
見た目は金とほぼ同じで高級感が
あるので最近注目の素材です。
すでに 欧米ではポピュラーな素材で、
18Kよりも黄みが弱くやわらかい色味で
カジュアルに使えます。

ヴェルメイユとは純度925または800のシルバーを10K以上のゴールドの層で覆った金属を指します。
これはFTC (Federal Trade Commission 連邦取引委員会) のスタンダードでは、2.5ミクロン相当の厚み、10K以上の金が使われていることが条件です。
この厚みは通常の厚メッキ(約0.01ミクロン)では到達しえない製法で作られています。.
シルバーとゴールドがたっぷり使われていますので、シルバーのずっしりとしたボリューム感と、ゴールド独特の華やかさがあり、どんなシーンでも華やかに映えます。
カルティエをはじめとするパリのジュエラーが、1900-1920年代に愛用した宝飾技術です。
 
       
     

フリーメタリコ







 
中にビーズを入れてねじったり
コサージュの花びらにしたり。
メタルの繊維を細く編み込んである
素材です。エクリュではあまりなじみの
ない素材ですが工夫次第で素敵なことが
出来そう。

 

   
       

NECK E&P BRACE RING NEW OTHER MPICOT TOP 

デザイナープロフィール コラムあれこれ スイーツレシピ エクリュな昼下がり おすすめリンク集  

ご購入前に発送方法・送料お支払い方法作成期間返品交換著作権お問い合せ特定商取引法に基づく表記個人情報